初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

15歳のインドネシア人が登場

15歳のインドネシア人が登場

15歳のインドネシア人が登場

15歳のインドネシア人ライダー、ドニ・タタ・プラディタは、世界舞台に初挑戦する。

アジア選手権115ccクラス王者に輝いたばかりのプラディタは、隣国で開催するマレーシアGPにワイルドカードライダーとして、ヤマハ・インドネシアから参戦する。

「ドニは、現在のインドネシア・モーターサイクル界でもっとも重要な存在です。アジアGPでのパフォーマンスは、彼が世界レベルに到達できることを証明しました。初めて走る125ccバイクで、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです」と、セパン・サーキットのジェネラルマネージャーを務めるアーマッド・ムスタファ氏は説明した。

03年、04年にヤマハ・アジアンカップを連覇したプラディタは、今年はアジア選手権に参戦。8戦中7勝を飾り、タイトルを獲得した。

「来年はアジア選手権115ccクラスと全日本選手権125ccクラスに参戦する予定です。全ては来年の成績次第。近い将来、世界レベルでレースに参戦できることを期待しています」と、90年代にヤマハ・カップに参戦していた父親キスワディは語った。

Tags:
125cc, 2005, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›