初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオがトップに浮上

M.カリオがトップに浮上

M.カリオがトップに浮上

シリーズ第13戦マレーシアGPのフリー走行2は24日、セパン・サーキットで行われ、ミカ・カリオがトップに浮上した。

気温26度。路面温度26度のドライコンディションの中、暫定10位のフィンランド人ライダーは、初日2度のセッションを支配した暫定ポールポジションのマイク・ディ・メッリオを0.083秒抑えれば、ポイントリーダーのトーマス・ルティも3番手に進出してきた。

4番手以降にはルーカス・ペセック、ジョアン・オリベ、マヌエル・ポジャーリ、ロレンソ・サネティ、ガボール・タルマクシ、アレックス・マスボー、アンドレア・イアンノネが続く。

暫定21位の葛原稔久は29番手。暫定3位の小山知良は32番手だった。

Tags:
125cc, 2005, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›