初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP、中東カタールに上陸

MotoGP、中東カタールに上陸

MotoGP、中東カタールに上陸

MotoGPパドックは約6000キロを飛び、東南アジアのマレーシアから中東のカタールに上陸。明日から開催されるシリーズ第14戦カタールGPに向け、準備に追われていた。

バレンティーノ・ロッシは、7度目のタイトル獲得を母国イタリアで祝ってから、現地入りすれば、ポイントランク2位の座を狙うチームメイトのコーリン・エドワーズは、チームと共にセパンから直接ドーハに入った。

「シーズンはあと4戦。全力を尽くし、ミスを犯すことができないと時だ」と、昨年キャリア最高位の2位を奪取したアメリカ人ライダーは意気込みを語った。「昨年はここでいい走りをした。自信がある。シーズン前に1勝を目指すことを宣言したが、これから開催される4戦はどれも好きなコースばかり。だから、僕の目標は表彰台の一番高いところに登ることだ。」

現在ポイントランク2位のマックス・ビアッジを脅かす最大のライバルは、日本GPとマレーシアGPで2戦連続のポール・トゥ・ウインを決めたロリス・カピロッシ。後半戦だけで70ポイントを稼ぎ、一気にランク3位に浮上した。「今季がチャンピオンシップ16年目。僕のポテンシャルが引き続き高いことを証明したと思う。今週末の大きな不安材料は砂だ。昨年のように砂埃が路面を覆っている状況だと、それは大きな問題。どのようなコンディションか確認したい。」

前戦の優勝により、ケーシー・ストーナーはポイントリーダーのダニ・ペドロサに38ポイント差と詰め寄り、逆転タイトル獲得の可能性を広げた。「僕の目標は一戦ごとにダニの前でフィニッシュすること。もし、目標を一戦一戦クリアして行けば、最終戦までタイトル争いがもつれ込む。僕たちの大きな目標だ。ここのコースは大好き。僕のスタイルに合っているし、砂埃は他のライダーよりも気にならない。」

タイトル争いが2人の対決に絞られた125ccクラス。前戦ではトーマス・ルティとミカ・カリオの両雄が、写真判定の熾烈なバトルを繰り広げた。8ポイント差でポイントリーダーに立つルティは、「ミカが迫り、一戦で状況が一転しまうことを十分に自覚している。昨年は全体的に上手く走れなかったけど、今僕は好調だ。早く走りたい」と抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2005, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›