初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン&S.ジベルナウが初セッションリード

N.ヘイデン&S.ジベルナウが初セッションリード

N.ヘイデン&S.ジベルナウが初セッションリード

シリーズ第14戦カタールGPのフリー走行1は29日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ニッキー・ヘイデンがトップタイムをマークした。

気温34度。路面温度46度のドライコンディションの中、昨年5位のアメリカ人ライダーは、2分01秒212の一番時計を刻めば、昨年勝者のセテ・ジベルナウが0.031秒差で2番手、マルコ・メランドリが3番手に入り、プレシーズン中にテストを実施したホンダ勢が上位に進出した。

前戦で今季のタイトルを獲得したバレンティーノ・ロッシは4番手スタート。ケニー・ロバーツ、カルロス・チェカ、コーリン・エドワーズ、トニ・エリアス、ジョン・ホプキンス、ロリス・カピロッシが続いた。

中野真矢は22ラップを走り、トップから2.037秒差の2分03秒249で13番手。玉田誠は18ラップを走り、3.854秒差の2分05秒066で18番手スタートだった。

Tags:
MotoGP, 2005, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR, FP1

Other updates you may be interested in ›