初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

V.ロッシ(初日総合1位):
「タイトルを獲得して、僕もチームもリラックスしている。もてぎ、セパンとここ2戦は多くの問題を抱えていた。いいセッティングが見つけられず難しかったけど、今日の午後はいいのが見つかった。コースコンディションは昨年よりいい。まだ100%ではないけど、昨年の初セッションと比較すれば、グリップが高まっている。もし、今夜風が吹かなければ、もっと良くなるだろう。」

T.エリアス(初日総合2位):
「日本で満足いかないリザルトで、方向性を一転。マレーシアでいい仕事ができ、リザルトが出て、この流れを継続することにした。驚きだけど、もっと前にこのようなパフォーマンスができたと思う。これ以上は望まない。MotoGPは難しいクラスだけど、上手く走り始めると、面白くなり、いろいろと簡単に物事が進む。数年前にも同じようなシャーシのセッティングだった。いいコンディションが見つかれば、速く走り始める。仕事を継続して行く。」

N.ヘイデン(初日総合3位):
「朝のセッションからプッシュした。それがこの2戦で必要だった。このサーキットが好きで、特に高速コーナーで楽しく走れる。ダートトラックを走っていた時のことを思い出した。他のグランプリの初日よりも満足しているし、明日は幾つか改善が必要だ。」

L.カピロッシ(初日総合4位):
「上手く行っている。路面コンディションは昨年よりもいい。幾つかのタイヤをテストし、ブリヂストンはプレシーズン中にテストした時と比べて、大きく進歩したフロントタイヤを準備した。」

C.チェカ(初日総合5位):
「テストを実施した3月の時と同じような路面コンディションだと思うけど、複数のコーナーでエスケープゾーンが広がり、安全面が強化された。テストの時より、15度ほど気温が高いから、タイヤに影響を及ぼすだろう。空気は熱く、まるで100台のドライヤーから熱風を当てられているようだ。新しいフロントタイヤは耐久性があり、自信を持って臨める。」

Tags:
MotoGP, 2005, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR, FP2

Other updates you may be interested in ›