初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

王者V.ロッシ、貫禄の初日トップ

王者V.ロッシ、貫禄の初日トップ

王者V.ロッシ、貫禄の初日トップ

シリーズ第14戦カタールGPのフリー走行2は29日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、前戦マレーシアGPで史上3人目の最高峰クラス5連覇を達成したバレンティーノ・ロッシがトップタイムをマークした。

気温37度。路面温度47度のドライコンディションの中、26歳のイタリア人ライダーは2度目のセッション終了間際に昨年カルロス・チェカが樹立したポールタイム1分58秒988を0.274秒上回る1分58秒714を叩き出し、初日総合でトップに立った。

2番手にはトニ・エリアスが浮上。トップに0.146秒差につけ、今季最高のパフォーマンスを見せた。3番手には午前のフリー走行1でトップだったニッキー・ヘイデンがつければ、2連勝のロリス・カピロッシまでが昨年のサーキットレコードを上回った。

昨年のポールシッター、カルロス・チェカ、昨年2位のコーリン・エドワーズ、2戦連続1列目獲得のジョン・ホプキンス、ポイントランク2位のマックス・ビアッジ、アレックス・バロスがトップ10に入り、昨年勝者のセテ・ジベルナウは12番手だった。

中野真矢は23ラップを走り、トップから1.711秒差の2分00秒425で13番手。玉田誠は21ラップを走り、2.164秒差の2分00秒878で14番手だった。

アレックス・ホフマンの代役として、前戦に続き参戦しているオリビエ・ジャックは、午前中のクラッシュで肩と首を強打し、午後のセッションをキャンセルした。

Tags:
MotoGP, 2005, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR, FP2

Other updates you may be interested in ›