初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ゴロワーズ・ヤマハ、チーム部門獲得

ゴロワーズ・ヤマハ、チーム部門獲得

ゴロワーズ・ヤマハ、チーム部門獲得

創立50周年を迎えたヤマハのファクトリーチーム、ゴロワーズ・ヤマハは、第14戦カタールGPでチーム部門を獲得した。

前戦マレーシアGPで2年連続してライダー部門を制覇したヤマハは、バレンティーノ・ロッシの今季10勝目とコーリン・エドワーズの4位により、レプソル・ホンダに149ポイント差のアドバンテージを得て、昨年に続き、チームタイトルを獲得した。

ヤマハのライダーとしては初のシーズン10勝目を飾ったイタリア人は、「何というレースだ!シーズンのベストレースだ。すごく楽しかった」と、同胞マルコ・メランドリとのバトルを振り返った。

「昨年の悪い思い出があるので、どうしても勝ちたかった。ライバルは2人。僕も含めて調子がいいことを証明した。100%を尽くし、最初から好バトルをした。ヤマハとチームに感謝しなければ。バイクは特に終盤に入ってすごく速かった。マルコが強敵だったので、速く走る必要があった。今季10勝目。すごく満足だ。」

チームマネージャーのダビデ・ブリビオは、2人のライダーの貢献度を評価した。「ファンタスティックなレースに参加しました。もう1つのタイトルを獲得できて、とても嬉しいです。バレンティーノは昨年のことがあったので勝ちを狙い、再び素晴らしいレースをしました。コーリンは4位。上位を期待していましたが、貴重なポイントを獲得しました。彼のポイントがチームタイトル獲得に貢献し、個人ランク2位に近づきました。偉大な仕事を実現したチームを祝いたいです。」

昨年タイトルを逃したコンストラクター部門では、ヤマハがホンダに49ポイント差のアドバンテージをつけ、残り3戦75ポイントの戦いに挑む。

Tags:
MotoGP, 2005, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›