初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.デニング、厳しい週末を評価

P.デニング、厳しい週末を評価

P.デニング、厳しい週末を評価

チーム・スズキにとって、第14戦カタールGPは厳しい展開となった。

ケニー・ロバーツは、終始10争いを繰り広げ、ジョン・ホプキンスはコースアウト後にタイヤ交換を強いられた。

「非常に厳しいグランプリでした」と、チームマネージャーのポール・デェニングは振り返った。「11位が私たちのベストポジション。ケニーは100%を尽くしました。序盤の遅れを取り戻し、ブリヂストンユーザーたちと同等なタイムで走りました。」

「中盤からパフォーマンスが良くなり、ケニーはロリス・カピロッシを捕えようと追い上げ、ラスト2ラップには2秒差まで接近しましたが、転倒しそうになり、完走することが重要だと指示を出しました。」

「ジョンは、リヤタイヤの信頼性不足に悩み、適切なタイヤを選択したと思われました。(ピットインで)ケニーとコンパウンドの同じタイヤを装着した後は、安定して59秒台で走ることができました。」

「そのタイヤでスタートしなかったことが残念です。困難な週末でしたが、ライダーたちの努力や砂漠の暑さの中でもバイクの戦闘力が落ちず、耐久性が向上するなど、ポジティブな収穫もありました。」

Tags:
MotoGP, 2005, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›