初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

BSB:清成龍一、総合2位でシーズン終了

BSB:清成龍一、総合2位でシーズン終了

BSB:清成龍一、総合2位でシーズン終了

BSB英国スーパーバイク選手権の最終戦は9日、ブランズハッチで行われ、グラゴリオ・ラビーリャがデビューシーズンで初タイトルを獲得。清成龍一はランク2位でシーズンを終えた。

13ポイント差で迎えたタイトル争いは、第1ヒートでスペイン人ライダーがチームメイトのレオン・ハスラムのサポートを受け、3レース連続の7勝目を飾れば、10番グリッドから追い上げた清成は4位でフィニッシュ。第2ヒートで1ポイントを獲得すれば、初タイトルを輝く状況となった。

その第2ヒートでもドゥカティの両雄は独走。ハスラムに続き、ラビーリャが2位でチェッカーを受け、BSBのタイトルを獲得。清成は連続4位だった。

「ファンタスティック!シーズン当初はタイトルを獲得できると思ってもいなかった。チームに感謝したい。バイクはコンスタントに速かった。サマーブレーク明けから経験のあるコースが続き、ホンダ勢がポイントを奪い、安定して勝ち始めた。ミッションを完了したと言えるだろう」と、昨年はスズキのテストライダーを務めたラビーリャはビックシーズンを達成した。

「苦戦してしまいました。開幕戦は同じブランズハッチでもインディ・サーキットで行われ、優勝することができましたが、グランプリ・サーキットは難しかったです」と、シーズン最多の12勝をマークした清成は振り返った。

「今日は2レースとも似たような展開となってしまい、表彰台に上がれなくて悔しいです。2年目のBSBは楽しかった。優勝した12のレースはどれも良い思いでとなっていますが、出場できなかった4レースが最終的にチャンピオン争いに影響を及ぼしたと思います。今年はいろいろなことを学びました。この経験を将来に結び付けて行きたいです。」

ポイントランク
1. G.ラビーリャ(ドゥカティ): 461ポイント
2. 清成龍一(ホンダ): 429ポイント
3. M.ルター(ホンダ): 371ポイント
4. L.ハスラム(ドゥカティ): 350ポイント
5. G.リチャーズ(カワサキ): 241ポイント

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›