初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

もつれこむタイトル争い

もつれこむタイトル争い

もつれこむタイトル争い

残り3戦。軽量級のタイトル争いは、数字的には前戦勝者のガボール・タルマクシを含め、3人による展開となるが、現実的には後半戦4戦連続表彰台を獲得してランク1位に再浮上したミカ・カリオと2ポイント差で追うトーマス・ルティの一騎打ちの争いとなる。

衝撃的な今季3勝目を飾ったタルマクシは、ランク1位から45ポイント差。逆転タイトルに望みを繋ぐが、16ポイント差に迫るマルコ・シモンセリと22ポイント差のマティア・パシーニの2人をマークしなければいけない。

その後方、ランク6位争いを演じるのは、ファブリッツィオ・ライとフリアン・シモン。シーズンを通して安定したパフォーマンスを見せる2人が順調にポイントを連取すれば、浮き沈みの激しいシモンセリとパシーニを捕える可能性が出てくるだろう。

アジア3連戦で安定して上位に進出したエクトル・ファウベルは、好調を維持できれば、タイトル争いの行方を占う存在として注目が集まる。

セパン、ドーハと猛暑の連戦を乗り越えた2人の日本人ライダー、小山知良と葛原稔久は、初のフィリップアイランドに挑戦する。

Tags:
125cc, 2005, POLINI AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›