初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ポルトが一番時計

S.ポルトが一番時計

S.ポルトが一番時計

シリーズ第15戦オーストラリアGPのフリー走行1は14日、フリップアイランドで行われ、昨年ポール・トゥ・ウインを飾ったセバスチャン・ポルトがトップタイムをマークした。

気温14度。路面温度14度のドライコンディションの中、アルゼンチン人ライダーは最終ラップに唯一の1分34秒台をマーク。昨年2位のアレックス・デ・アンジェリスに0.311秒差をつければ、ホルヘ・ロレンソとエクトル・バルベラが続いた。

地元ケーシー・ストーナーは5番手スタート。昨年の125ccクラス勝者アンドレア・ドビツィオーソ、ランディ・ド・プニエ、ロベルト・ロカテリ、アレックス・デボンが続き、ポイントリーダーのダニ・ペドロサは10番手だった。

日本勢では青山博一が11番手。初のフィリップアイランドに挑戦する高橋裕紀が、最多の29周を走り14番手。2戦連続してトップ10を果たした関口太郎は22番手だった。

Tags:
250cc, 2005, POLINI AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›