初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.バーミューレン、順応力を発揮

C.バーミューレン、順応力を発揮

C.バーミューレン、順応力を発揮

クリス・バーミューレンは、デビュー戦となる第15戦オーストラリアGPの決勝レースを5列目14番グリットから迎える。

初日の初セッションでは、1分34秒170を記録。2日目午後の公式予選では1分31秒654と、4度のセッションで意欲的に85ラップを走り、ラップタイムを2.516秒縮めた。

「このチームで、このバイクで走れることはファンタスティックだ。セッション毎に進歩できた。最初は1分34秒台で、最後は1分31秒台に突入した。4時間のいいセッションができ、満足だ」と23歳のオーストラリア人は振り返った。

「ミシュランのエンジニアたちを含めて、みんなで一緒にいい仕事をしている。予選用タイヤは素晴らしいグリップがあるけど、好きなように全力でプッシュしていない。明日はもっとタイムを伸ばし、コンスタントなリズムで走りたい。」

「僕の目標はポイント獲得圏内でフィニッシュすること。ホンダ勢に少しでも追いつくことだ。」

Tags:
MotoGP, 2005, POLINI AUSTRALIAN GRAND PRIX, Chris Vermeulen

Other updates you may be interested in ›