初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ、通算600勝達成

ホンダ、通算600勝達成

ホンダ、通算600勝達成

ホンダは、第15戦オーストラリアGPで125ccクラスと250ccクラスを制し、チャンピオンシップ通算600勝を達成した。

ホンダが初めて登場したのは、1959年のマン島TTレース。翌1960年から世界選手権にエントリーすると、1961年の開幕戦スペインGP125ccクラスでトム・フィリスが初優勝を飾り、歴史的快挙がスタートした。

1968年から11年間の休止期間を挟み、ホンダはクラスを超えて勝利数を積み上げて行くと、2001年の開幕戦日本GPでは、125ccクラス、250ccクラス、500ccクラスを制して、通算500勝を地元鈴鹿サーキットで達成した。

休止期間を含め46年間のレース活動において、50ccクラス13勝、125ccクラス162勝、350ccクラス35勝、500ccクラス156勝、MotoGPクラス38勝、通算600勝を達成。さらに、コンストラクターズのタイトルを57度獲得している。

初勝利: 1961年スペインGP(モンジョイック)125ccクラス – トム・フィリス
100勝目:1966年オランダGP(アッセン)50ccクラス – ルイジ・タベリ
200勝目:1988年アメリカGP(ラグナセカ)250ccクラス – ジム・フィリス
300勝目:1992年オランダGP(アッセン)500ccクラス – アレックス・クリビーレ
400勝目:1996年ブラジルGP(ジャカレパグア)125ccクラス - 青木治親
500勝目:2001年日本GP500ccクラス - バレンティーノ・ロッシ
600勝目:2005年オーストラリアGP(フィリップアイランド)250ccクラス - ダニ・ペドロサ

Tags:
MotoGP, 2005, POLINI AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›