初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.ルティ4勝目&小山知良2位

T.ルティ4勝目&小山知良2位

T.ルティ4勝目&小山知良2位

シリーズ第15戦オーストラリアGPの決勝レースは16日、フリップアイランドで行われ、ポイントランク2位の トーマス・ルティが今季4度目のポール・トゥ・ウインを飾り、ポイントリーダーの座を奪回した。

気温16度。路面温度20度のドライコンディションの中、前戦カタールGPでランク2位に後退したスイス人ライダーは、今季4度目のトップグリッドから、スタート直後こそ、ポイントリーダーのミカ・カリオに交わされたが、2コーナーでトップ奪回。その後は徐々にライバルたちを引き離し、一時は4.5秒差のアドバンテージをつける独走でチェッカーを受けた。

目まぐるしいポジション争いが繰り広げられ、終盤に7人にまで絞り込まれた2位争いは、6番グリッドの小山知良が、最終コーナーを上手く立ち上がり、スリップを巧みに利用して、マルコ・シモンセリに0.002秒差、マティア・パシーニに0.010秒差で競り勝ち、キャリア最高の2位を獲得した。

終始グループ内での走行となったカリオは5位。エクトル・ファウベル、ガボール・タルマクシ、アンヘル・ロドリゲスが続き、26番グリッドの葛原稔久は21位でフィニッシュした。

チャンピオンシップは、ルティがカリオに12ポイント差をつけ、トップに再浮上した。

Tags:
125cc, 2005, POLINI AUSTRALIAN GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›