初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、好発進

M.カリオ、好発進

M.カリオ、好発進

シリーズ第16戦トルコGPのフリー走行1は21日、イスタンブール・パーク・サーキットで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマークした。

気温8度。路面温度6度のドライコンディションの中、初開催を考慮して、通常より15分間長い1時間のセッションが行われ、新設コースに素早く順応したのは、ポイントランク2位のミカ・カリオだった。35人が参加した初セッションの中、最多の23ラップを意欲的に走り、2分05秒571をマーク。2番手のセルジオ・ガデアに1.050秒差のアドバンテージをつけた。

3番手には、前戦の優勝により、ポイントリーダーに返り咲いたトーマス・ルティがつけ、マティア・パシーニ、エクトル・ファウベル、アンヘル・ロドリゲス、ロレンソ・サネティが続いた。

5日前のフィリップアイランドで、自己最高の2位を奪取した小山知良は19ラップを走り、トップから2.244秒差の2分07秒815で8番手スタートだった。

Tags:
125cc, 2005, GRAND PRIX OF TURKEY, FP1

Other updates you may be interested in ›