初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

素早い順応性を見せたM.メランドリ

素早い順応性を見せたM.メランドリ

素早い順応性を見せたM.メランドリ

シリーズ第16戦トルコGPのフリー走行1は21日、イスタンブール・パーク・サーキットで行われ、マルコ・メランドリがトップタイムをマークした。

気温10度。路面温度16度のドライコンディションの中、初開催を考慮して、通常1時間のセッションを1時間30分に拡大。新設コースに素早く順応したのは、ポイントランク2位を狙うメランドリだった。19人が参加したセッションの中、1分55秒台を唯一突破する1分54秒639をマークした。

今年5月に初開催された中国GPで優勝したバレンティーノ・ロッシは、トップから0.499秒差の2番手スタート。1人体制で臨むスズキのジョン・ホプキンス、昨年のカタールGP勝者セテ・ジベルナウ、コーリン・エドワーズ、ニッキー・ヘイデン、トニ・エリアス、オリビエ・ジャック、カルロス・チェカが続いた。

中野真矢は33ラップを走り、1分56秒201で10番手スタート。玉田誠は29ラップを走り、1分57秒920で15番手だった。

負傷トロイ・ベイリスの代役として2戦目のクリス・バーミューレンは13番手。ロリス・カピロッシの代役として登場した伊藤真一は16番手だった。

異例の2時間セッションでは、終了25分前に、コース清掃のために数分間セッションが中断。また、1コーナーで多くのライダーたちがコースアウトを喫していた。

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX OF TURKEY, FP1

Other updates you may be interested in ›