初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

べテラン2人がセッションをリード

べテラン2人がセッションをリード

べテラン2人がセッションをリード

シリーズ第16戦トルコGPのフリー走行1は21日、イスタンブール・パーク・サーキットで行われ、セバスチャン・ポルトとランディ・ド・プニエがセッションをリードした。

気温12度。路面温度14度のドライコンディションの中、通常より15分間長い1時間15分のセッションが行われ、クラスを代表するベテランライダー、ポルトとド・プニエが1分58秒台をマーク。素早い順応性を見せた。

5日前にタイトルを獲得したダニ・ペドロサは、アレックス・デ・アンジャリスに次ぎ4番手スタート。ホルヘ・ロレンソ、ロベルト・ロカテリ、アンドレア・ドビツィオーソ、ケーシー・ストーナーが続いた。

昨年のカタールGP、今年の中国GPと初開催のグランプリで表彰台を獲得した青山博一は、9番手スタート。高橋裕紀と関口太郎は、12番手と19番手だった。

Tags:
250cc, 2005, GRAND PRIX OF TURKEY, FP1

Other updates you may be interested in ›