初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ロバーツ、来年スズキから参戦せず

K.ロバーツ、来年スズキから参戦せず

K.ロバーツ、来年スズキから参戦せず

スズキは22日、ケニー・ロバーツと来年の契約を更新しないことを発表。同時に負傷により、最終戦バレンシアGPを欠場することとなった。

先週のオーストラリアGPの初セッションで転倒した際に、左手首を骨折。アメリカに帰国して精密検査を受けた結果、指も骨折していることから、3戦連続のキャンセルが決まり、バレンシアGPには当初ワイルドカードとして参戦する予定だった青木宣篤が代役を務めることとなる。

「スズキと一緒に過ごした素晴らしい思い出を語るのは簡単なことだ。常に誠実であり、ベストを尽くしてくれた。沢山の人たちを寂しく思うだろう」と、元500ccクラス王者は語った。

「スズキが僕にしてくれたことに対して、永遠に感謝する。タイトルを獲得する可能性を与えてくれ、彼らの活躍を祈りたい。」

チームマネージャーのポール・デェニングは、ロバーツに感謝の言葉を送った。

「私の初シーズンにケニーと一緒に働けたことは大変名誉なことでした。彼の経験と知識は、他のどのライダーよりも豊富です。彼は2000年にタイトルを獲得し、バイクの開発のために根気強く働き、スズキの全スタッフから尊敬されています。」

「スズキは(延長契約しない)決断を下しました。将来を見て、新しいライダーとバイクが登場します。スズキはチャンピオンシップでもっと上位に位置する必要があり、そのために新鮮な風を入れたいです。」

「スズキモーターを代表して、99年からスズキと共に活動してきたケニーに感謝します。私たちは一緒にタイトルを獲得しました。そのことは永遠に変わることはありません。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX OF TURKEY, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›