初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、大観衆に迎えられて凱旋

D.ペドロサ、大観衆に迎えられて凱旋

D.ペドロサ、大観衆に迎えられて凱旋

ダニ・ペドロサは24日、イスタンブールからバルセロナに到着。空港で多くのファンに迎えられると、バルセロナ市内のホテルで記者会見を開いた後に、バイクで駆けつけた大勢のファンと一緒に地元カステジャル・デル・バジェスまでパレードした。

「今年の中で、この3週間が一番辛かった。肩の痛みに耐えていることを知られないように、ほとんど隠れながら移動した。ライバルたちに僕の状態を知らせないように、アドバンテージを与えないように心掛けた。全てを公表しないことが最善で、難しい状況の中でできることをやった。レースを欠場することも考えたけど、日本GPのようにポイントを稼いだから、前進した」と、05年王者は振り返った。

「今年はライバルが多く、難しく、競争が激しレースが続いた。今年の表彰台は昨年よりも価値がある。昨年は上位に進出するのは3、4人だけだったが、今年は苦労した。」

「空港には昨年よりもすごく沢山の人が来てくれた。僕は恥かしがり屋だから、みんなと一緒にいるのは少し難しい。でも、僕の勝利を祝うために空港まで駆けつけてくれ、彼らに夢を与えたんだと実感した。沢山のバイクと一緒にバルセロナ市内に入ったことは、本当に感動的だった。」

「僕の目標はインテリジェンスに走ること。重要なのは落ち着いて走り、順序に従って新しいバイクのデータを収集しながら学んで行く。」

元カステジャル・デル・バジェスでは、沢山のファンに囲まれて、壮大なパーティーが行われ、市長からは近い将来建設されるスポーツセンターに、ペドロサの名前を付けることを発表した。

Tags:
250cc, 2005, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›