Tickets purchase
VideoPass purchase

D.サエツ、もう1人の新星スペイン人ライダー

D.サエツ、もう1人の新星スペイン人ライダー

D.サエツ、もう1人の新星スペイン人ライダー

トッティ・トップ・スポーツは、第16戦トルコGPからダニエル・サエツを起用している。

今季から新規参戦したイタリアのチームは、昨季新人王のマティア・パシーニと昨季スペイン選手権3位のマヌエル・エルナンデェスの体制でスタート。トルコGP開催直前にエルナンデェスを解雇して、同チームのジョニアチームからスペイン選手権に参戦しているサエツを残り2戦に起用することを決定した。

突然のチャンスをもらった20歳のスペイン人ライダーは、31番グリッドからオープニングラップにダビッド・ボナチェと接触。マシントラブルにより、リタイヤを強いられた。

「あまり言うことはない。スタート直後に他のライダーと接触して、終わってしまった。沢山のことを学んで、完走することに大きな期待感があっただけに、このような形で終わってしまい残念だ。せっかくチャンスをもらったのに。レースでは起こりえることと分かっているけど、受け入るのが辛い。みんなが応援に来てくれるバレンシアでは最高のレースをして、来年初のフル参戦ができるようにアピールしたい」と、レース後に語った。

サエツは、今季開幕戦スペインGPとカタルーニャGPにワイルドカードとして参戦。最高位は24位だったが、今季のスペイン選手権開幕戦では、同様に今季途中から参戦しているダビッド・ボナチェや負傷代役を務めたマティオ・テゥネス、エンリケ・ヘレス、元125ccライダーのステファノ・ビアンコを抑えて優勝を飾っていた。

Tags:
125cc, 2005, GRAND PRIX OF TURKEY

Other updates you may be interested in ›