初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.ルティ、初タイトル獲得へ

T.ルティ、初タイトル獲得へ

T.ルティ、初タイトル獲得へ

最終戦までタイトル争いがもつれこんだ125ccクラス。ポイントリーダーのトーマス・ルティは、前戦トルコGPを終了して、23ポイント差のアドバンテージを得て、もし、13位以内でフィニッシュすれば、初タイトル獲得となる。

ルティが20年ぶりにスイスにタイトルをもたらすことができるか、それとも、ポイントランク2位のミカ・カリオが奇跡を起こし、33年ぶりにフィランドに2度目のタイトルをもたらすか、注目が集まるが、コンストラクターズ部門のタイトル争いも、最終戦の焦点の1つである。

3人体制のKTMは、1人が4位以上でフィニッシュすれば、参戦3年目で初のコンストラクターズ部門となる。13ポイント差で追うホンダ勢は、上位独占が絶対の条件。その一方でルティがタイトルを獲得すれば、軽量級で初の3連覇(03年ダニ・ペドロサ、04年アンドレア・ドビツィオーソ)の達成となるが、02年から同タイトルを連覇してきたアプリリアには、4連覇の可能性が断たれたが、マティア・パシーニとマルコ・シモンセリをサポートして、逆転でポイントランク3位を狙う。

2戦連続表彰台を獲得した小山知良は、エクトル・ファウベルとの新人王争いが控えている。2人のポイント差は9。小山が勢いを維持するか、ファウベルが地元の利を活かすか、最終戦もうもう一つの争いとなる。

Tags:
125cc, 2005, G. P. betandwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›