初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、バレンシアGP初の表彰台を狙う

ブリヂストン、バレンシアGP初の表彰台を狙う

ブリヂストン、バレンシアGP初の表彰台を狙う

ブリヂストンは、最終戦バレンシアGPで初の表彰台獲得を狙い、約1100本のタイヤを投入する。

昨年、玉田誠がポールポジションを奪取。決勝レースではブリヂストン勢最高位となる5位でフィニッシュした。今週末は、チャンピオンシップで1、2位を争う低速テクニカルコース対策として、日本GP以降高いパフォーマンスを発揮するスペックと、構造とコンパウンドの新しい組み合わせの新スペックを投入する。

「このコースでは旋回性と加減速がポイントとなります。そのため、ハンドリングとエッジグリップ、トラクションが重要です。そしてコーナーの割合が多いので、もちろんグリップ耐久性も重要になります。またこの時期天気によっては、寒かったり、結構暑かったりするので、広い温度レンジに対応しなくてはなりません」と、MCスポーツ推進ユニットリーダーの山田宏氏は説明する。

「今回は、もてぎ以降良かったスペックをベースに、更に構造とコンパウンドの新しい組み合わせの新スペックを投入します。バレンシアへはフロント:4~5種、リア:5~8種程度のスペック、合計約1100本のタイヤを準備しています。最終戦も当然表彰台を狙っていきますので、ご期待下さい。」

Tags:
MotoGP, 2005, G. P. betandwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›