初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢:「開幕戦と同じか、それ以上のリザルトを」

中野真矢:「開幕戦と同じか、それ以上のリザルトを」

中野真矢:「開幕戦と同じか、それ以上のリザルトを」

中野真矢は、最終戦バレンシアGPを直前に控え、「最終戦は開幕戦と同じか、その以上のリザルトで締め括りたい」と予選5位、決勝レース5位以上の成績を目指すことを語った。

前戦トルコGP終了後、中野はイギリスでプロモーション活動に参加。その後、チャンピオンシップの拠点バルセロナに戻って、個人トレーナーの指導の下、冬期のテストに向けて、短期間のフィジカルトレーニングを行った。

ハードなスケジュールを消化し、2日には車でバレンシアへ南下した。「バレンシアは好きなコース。テクニカルで、オーバーテイクが難しいので、公式予選が非常に重要です。ブリヂストンは昨年ポールポジションを奪取しました。いいグリッドにつけ、いいスタートを切ることがこのコースのカギとなります。」

全体的に今季はエンジョイしました。非常に早くシーズンが進み、まるで2、3ヶ月前にシーズンが始まったように気分です。チャンピオンシップはトップ10で終わることになりそうですが、現状のカワサキのファクトリーバイクはホンダ、ヤマハ、ドゥカティに次ぎます。来年僕たちはビックステップを実現しなければいけませんが、そのことについては前向きに考えています。それが来年もカワサキのプロジェクトに参加する理由の1つです。」

カワサキはバレンシアGP終了後、サーキットに延滞して、9日から2日間のテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2005, G. P. betandwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›