初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ニエトのドキュメンタリー映画初公開

A.ニエトのドキュメンタリー映画初公開

A.ニエトのドキュメンタリー映画初公開

最終戦バレンシアGPの開催に合わせて、アンヘル・ニエトのドキュメンタリー映画『Ángel Nieto: 12+1, el hombre que corrió tras su sueño(アンヘル・ニエト:12+1、夢を走った男)』の試写会が、リカルド・トルモのパドックで行われた。

50ccクラスを6度、125ccクラスを7度制覇した伝説のライダーの生涯を語ったドキュメンタリー映画は、スペイン国営放送TVEとレプソルYPF、モビスターの協力の下、ドライブ・テレビションが制作。アレックス・クリビーレやホルヘ・マルティネス・アスパル、シト・ポンスなど同胞のタイトル獲得者やMotoGP関係者のインタビューなども収録されている。

「モーターサイクルに43年の人生を尽くした大変愛情のあるドキュメンタリーです」と、ニエトは作品を説明した。「14歳でバルセロナの工場を掃除し始めた頃から、これまでの人生を振り返った作品です。ライダーとして、人のとして、私の成長を反映したものに仕上がり、大変気に入っています。今日のこの世界は、私がレースを始めた当時とは全く異なり、どのように戦って来たかを観る喜びがあります。正直この作品を観て鳥肌が立ちました。興味深い作品なので観る価値があります。」

試写会には2人の息子パブロとヘレテ、アスパル、トニ・エリアス、アレックス・デボンらが出席した。

同作品は11月23日からスペイン全土の映画館で公開される。

Tags:
MotoGP, 2005, G. P. betandwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Pablo Nieto

Other updates you may be interested in ›