Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カルデェナス:「まだまだ学ぶことが多い」

M.カルデェナス:「まだまだ学ぶことが多い」

M.カルデェナス:「まだまだ学ぶことが多い」

チャンピオンシップ唯一のコロンビア人ライダー、マルティン・カルデナスは、アプリリア系のプライベートチーム、アプリリア・ジャーマニーから初参戦。長いシーズンを終え、母国でバカンスをエンジョイしている。

「未経験のバイクに順応しなければいけなかった初シーズンの目標は達成したと思う。まだまだたくさんことを学ばなければいけないけど、一歩ずつ行くよ」と振り返ったカルデェナスは先週末、コロンビア選手権スーパーバイククラスにゲスト参戦。第1ヒートは優勝、第2ヒートは2位だった。

「来年の参戦はまだ決定していない。もっと戦闘力の高いバイクで走りたいし、もっと目立つ機会に恵まれたい。だけど、現状では何も決まっていないし、おそらく来年までは何もハッキリしないだろう。」

「僕のベストレースは、マレーシアとカタール、そしてバレンシアだ。プライベーターたちとバトルして、好リザルトを奪取した。最悪だったのは中国での負傷。手術が必要で、フランスGPを欠場することを強いられた。」

カルデェナスは、04年にスペイン選手権スーパースポーツクラスでアルトゥロ・ティソンとのタイトル争いを制して、世界への切符を獲得。初シーズンの最高位はマレーシアGPとバレンシアGPの13位。9ポイントを稼ぎ、ランク25位だった。

Tags:
250cc, 2005

Other updates you may be interested in ›