初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア合同テスト最終目:走りこみに専念

アプリリア合同テスト最終目:走りこみに専念

アプリリア合同テスト最終目:走りこみに専念

アプリリア勢の合同テスト3日目最終日は23日、ヘレス・サーキットで行われた。

2日間悪天候に見舞われたが、最終日は正午過ぎから天候が一転。陽射しが差し込み、気温が上昇。参加者たちはセッション終了まで走りこみに専念した。

アプリリアのファクトリーライダーとして新型RSW250をテストするアレックス・デ・アンジェリスは、「ようやく今日仕事ができ、この新しいバイクに感動した。新型シャーシと現行型の比較テストし、満足の結果を得た」と、手応えを強調した。

125ccクラスから転向するマルコ・シモンセリは、前回のバレンシア・テストと比較して乗り慣れていることを語った。「バレンシアの時と比べて、方向転換する際にバイクの重さが気にならなくなった。いい感じで乗れて来ている。もっとタイムアップできる。」

非公式ラップタイム:
1. J.ロレンソ: 1分44秒1(60ラップ)
2. H.バルベラ: 1分44秒3(56ラップ)
3. A.デ・アンジェリス: 1分44秒548(34ラップ)
4. M.シモンセリ: 1分45秒382(50ラップ)

1. L.ペセック: 1分48秒770(50ラップ)
2. N.テロール: 1分49秒496(55ラップ)
3. M.ピロ: 1分50秒713(50ラップ)

Tags:
250cc, 2005

Other updates you may be interested in ›