初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ヴァンサン、ファンティク撤退を説明

A.ヴァンサン、ファンティク撤退を説明

A.ヴァンサン、ファンティク撤退を説明

02年125ccクラス王者のアルノー・ヴァンサンは、僅か1シーズンでチャンピオンシップを撤退するファンティクについて説明した。

「ファンティクはチャンピオンシップにおける努力に終止符を打った。失望だが、この決定を理解する」と、今季0ポイントに終ったフランス人ライダーは語った。「イタリアンファクトリーはプロジェクトに大きな投資を行い、努力を尽くしたが、期待していた結果が得られなかった。シーズンを振り返れば、18位がベストリザルト。16戦で僅か2レースしか完走できなかった。もしエンジンの開発作業を続けていれば、僕たちの仕事に対して他の形で見返りがあったかもしれない。」

「プロジェクトを展開するために必要な手段を全て尽くしたと考える。バイクの足回りは良かったが、エンジントラブルが絶えなかった。年間で約50回のトラブルに見舞われた!」

「悪いシーズンだったけど、ポジティブな面もあった。僕は常に全力を尽くし、決して諦めなかった。若い時と違って、常にモチベーションを高めて臨んだ。」

「それに、ロベルト・セボリーニと出会ったことは大きい。偉大なメカニックで、彼と一緒に来年はホンダのプライベートマシンで参戦する予定だ。」

Tags:
250cc, 2005

Other updates you may be interested in ›