初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEV: M.トゥネスがタイトル奪取&B.スミスが3連勝

CEV: M.トゥネスがタイトル奪取&B.スミスが3連勝

CEV: M.トゥネスがタイトル奪取&B.スミスが3連勝

CEVスペイン選手権の最終戦ヘレス・ラウンドは27日、ヘレス・サーキットで行われ、マテェオ・トゥネスが125ccクラスのタイトルを奪取した。

69人がエントリーした125ccクラスの決勝レースは、スタート直前の多重クラッシュより、赤旗中断。10人以上が路面に叩きつけられ、2ポイント差でポイントリーダーに立つステファン・ビアンコは骨盤を骨折。トッティ・トップ・スポーツから2戦に参戦したダニエル・サエス、マラグーティから同じく2戦に参戦したジュール・クルセールらも、再スタートのグリッドに立つことができなかった。

今大会トッティ・トップ・スポーツから参戦したアンヘル・ロドリゲスは、ポールポジションから好スタートを切ったが、オープニングラップで転倒。右足首を骨折すれば、同じく世界選手権参戦組のサッシャ・ホンメルも1ラップ目に転倒。昨年の同選手権で2位を獲得して世界への扉を開いたフリアン・ミラーリェスだったが、再起を賭けて臨んだレースだったが、転倒リタイヤした。

レースは、MotoGPアカデミーのブランドリー・スミスがKTMジュニアのマイケル・ランセンデールとのバトルを制して3連勝を達成。同じくMotoGPアカデミーのダニエル・ウェッブが初めて表彰台を獲得した。そして、トゥネスは決して無理をせず、グループの後方でバトルを回避する走りに徹して、9位でフィニッシュ。スミスに僅か1ポイント差で初タイトルを獲得した。

前戦バレンシア・ラウンドでタイトルが決定したフォーミラーエクストリームでは、ハビエル・デル・アモールがイバン・シルバを0.922秒差で抑えて優勝。3位にはダニエル・リバルタが入り、王者ダビッド・デ・ヘアは負傷のために欠場した。

フォーミラーエクストリーム同様に前戦でタイトルが決定したスーパースポーツは、ジョルディ・トーレスが独走V。ルベン・トーレス、スティーブン・ネアテが続き、来年はBQRから250ccクラスにフル参戦が予定されている王者アルトゥロ・ティソンが4位でフィニッシュした。

2005年CEV総合成績

125ccクラス
1. M.トゥネス: 105ポイント
2. B.スミス: 104ポイント
3. S.ビアンコ: 100ポイント

フォーミラーエクストリームクラス
1. D.デ・ヘア: 120ポイント
2. J.デル・アモール: 110ポイント
3. I.シルバ: 91ポイント

スーパースポーツクラス
1. A. ティソン: 146ポイント
2. V.カラスコ: 99ポイント
3. J.トーレス: 95ポイント

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›