初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト最終日: 年内最後のテストを終了

セパン合同テスト最終日: 年内最後のテストを終了

セパン合同テスト最終日: 年内最後のテストを終了

セパン合同テスト3日目最終日は30日、朝一番の雨により、ウェットタイヤでテストがスタート。湿度は85%にまで達したが、昼頃には路面は乾き、ドライコンディションで年内最後のテストに取り組んだ。

コースに一番に飛び出したのは、ジェームス・エリソン。ダンロップのウェットタイヤを装着したヤマハM1で意欲的に周回を重ねれば、ニッキー・ヘイデン、ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナー、中野真矢、ランディ・ド・プニエ、クリス・バーミューレンも続いた。オーストラリア人ライダーは、予定していた新型GSV-Rのテストを来年に持ち越した。

ドライコンディションに回復した昼頃からは、ピットボックスに待機していた残りのライダーたちもテストを開始。コーリン・エドワーズは初めて新型M1をテストすれば、バレンティーノ・ロッシは予定していたレースシミュレーションができなかった。05年王者はイタリアに帰国する前に、日本のヤマハ本社を訪問する。

非公式ラップタイム

1. D.ペドロサ (ホンダ): 2分02秒77
2. N.ヘイデン (ホンダ): 2分02秒79
3. M.メランドリ (ホンダ): 2分02秒86
4. 中野真矢 (カワサキ): 2分02秒93
5. J.ホプキンス (スズキ): 2分03秒10
6. C.チェカ (ホンダ): 2分03秒39
7. C.エドワーズ (ヤマハ): 2分03秒61
8. C.ストーナー (ホンダ): 2分03秒70
9. V.ロッシ (ヤマハ): 2分03秒85
10. T.エリアス (ホンダ): 2分03秒95
11. R.ドプニエ (カワサキ): 2分04秒27
12. C.バーミューレン (スズキ): 2分04秒50
13. J.エリソン (ヤマハ): 2分05秒00

サーキット最速ラップ: 05年N.ヘイデン 2分02秒993

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›