初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティの両雄、ヘレス・テストに満足

ドゥカティの両雄、ヘレス・テストに満足

ドゥカティの両雄、ヘレス・テストに満足

ドゥカティのファクトリーチームは、ヘレス・サーキットでテストを実施。セテ・ジベルナウとロリス・カピロッシは、新型デスモセディチとブリヂストンタイヤのテストに取り組んだ。

新天地ドゥカティに移籍した32歳のスペイン人ライダーは、初体験となるチューブフレームやブリヂストンタイヤへの順応、チームのワークスタイルへの適応に集中。手応えの3日間となったことを強調した。「チームと僕はこの3日間でより知り合うことができた。いい仕事ができたけど、まだまだやることがたくさんあるし、大きな刺激となっている。」

「ブリヂストンの予選用タイヤをテストした。すごくいい感触があり、それを日本人スタッフたちに伝えることができた。これから数日間のバカンスに入るけど、現状では次のセパン・テストが見えてこない。」

カピロッシは最終日に新型マシンを比較するため、05年型に乗り込んだ。「セッション終盤に、新型マシンを理解するためにGP5で数周した。満足する仕事ができ、これで安心してバカンスに入れる。」

「コンパウンドは同じだが、構造が異なる複数のタイヤテストをした。友人のブリヂストンは貴重なデータを収集しただろう。」

ジベルナウとカピロッシのテスト模様を撮影した独占ビデオの閲覧を希望する方は、ビデオリンクまでアクセスしてください。

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›