初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マテオーニ・レーシング、体制発表

マテオーニ・レーシング、体制発表

マテオーニ・レーシング、体制発表

マテオーニ・レーシングは、06年の体制を発表。250ccクラスにアレックス・バンドリーニを、125ccクラスにロベルト・タンブリーニを起用する。

02年に125ccクラスでフル参戦を開始した20歳のバンドリーニは、翌年に250ccクラスへスイッチ。今年は関口太郎のチームメイトとしてカンペテーラ・レーシングから参戦し、ポイントランク18位だった。

来年1月に15歳の誕生日を迎えるタンブリーニは、同チームから2年連続してスペイン選手権にフル参戦。昨年はランク11位、今年は6位の成績を残せば、スポット参戦したイタリア選手権では1勝を挙げた。

テクニカルディレクターのマッシーモ・マテオーニは、2人のヤングライダー起用に確かな手応えを強調した。「ロベルトは将来性のある若いライダーです。何度も際立つパフォーマンスを見せ、ミサノで開催されたイタリア選手権ではまるでチャンピオンのような自然の走りでレースを支配しました。06年の驚くべき存在となることを確信しています。」

「バンドリーニのことは良く知っています。我々はポイントランク15位以内を目標にします。」

91年から参戦を開始したマテオーニ・レーシングは、過去にマルコ・メランドリやマヌエル・ポジャーリ、アレックス・デ・アンジェリス、マルコ・シモンセリなどを起用。99年にはエミリオ・アルサモーラと共に125ccクラスのタイトルを獲得。05年は250ccクラスにミルコ・ジャンサンティを、125ccクラスにラファエル・デ・ロサを起用した。

Tags:
250cc, 2005, Roberto Tamburini, Alex Baldolini

Other updates you may be interested in ›