初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ホフマン: 「ゼッケン66が戻ってきた」

A.ホフマン: 「ゼッケン66が戻ってきた」

A.ホフマン: 「ゼッケン66が戻ってきた」

アレックス・ホフマンは来年の参戦について、ダンティーン・ドゥカティと合意したことに認め、モチベーションが高まっていることを語った。

カワサキから参戦2年目は不運と負傷に泣かされたが、「新しい挑戦をスタートさせることが待ち遠しい。僕たちの可能性を100%引き出して戦うつもりだ。ファクトリーチームとのバトルは厳しいけど、逆にモチベーションがアップする。ゼッケン66が戻ってきた!」と、ドイツ人ライダーはインタビューに応えた。

「ルイス・ダンティーンはパドックで知られた人物。経験豊富なマネージャーだ。今回の合意にすごく満足しているし、チームを全面的に信じている。最高のチャンスを提供するために全力を尽くしてくれることを完璧に知っている。不運で忘れなければいけないシーズンの後だけに、新たな挑戦に向けてモチベーションが高まっている。」

「もちろん、僕の将来について心配していたけど、ここ数週間は他のライダーやチームの方が困難な状況だった。最終的に合意することができ、もう一度最高峰クラスで僕のポテンシャルを証明できることに乾杯したい。」

「身体に関して状態はいい。バレンシアへの復帰は時期尚早だったし、すごく辛かった。もう完治したし、1月末のセパン・テストに向けて、クリスマスに家族と過ごした後に、トレーナーがいるスイスでトレーニングを予定している。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›