ライダーズ・フォー・ヘルス

Wednesday, 14 December 2005

ライダーズ・フォー・ヘルス

MotoGPインサイダーの第4弾は、『ライダーズ・フォー・ヘルツ』を紹介。 NGO(非政府組織)のボランティア団体である『ライダーズ・フォー・ヘルツ』は、15年前の1990年に設立。モーターサイクリングレースのイベントを通じて、アフリカにおける医療共済活動を展開している。

MotoGPでは、イギリスGPとバレンシアGPの際に『デー・オブ・チャンピオンズ』を実施。ファンとの交流を通じて活動内容を紹介し、玉田誠の特製バットマンデザインのツナギを提供したチャリティーオークションなどで活動費の収益金を募っている。また、ドイツGPの際には地元のスポーツ選手たちとのMotoGPライダーたちとの親善サッカー試合を行い、会場に駆けつけたファンへ寄付金の援助を呼びかけている。

今回は、『ライダーズ・フォー・ヘルツ』の活動をビデオで紹介します。

TAGS 2005

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising