ピエモンテ州、ライダーズ・フォー・ヘルスに協力

Sunday, 23 October 2005

ピエモンテ州、ライダーズ・フォー・ヘルスに協力

イタリアのピエモンテ州政府は、ライダーズ・フォー・ヘルスにバイクを寄付した。

今季から地元ライダーのロベルト・ロルフォの活動を支援するピエモンテ州政府は、アフリカの医療活動を展開するライダーズ・フォー・ヘルスに、今年から2年間に渡って20台のバイクを寄付することを決定。その式典が第16戦トルコGP2日目、パドック内で行われた。

式典には、ライダーズ・フォー・ヘルスの創立者であるアンドレア・コールマンとランディ・マモラ、ピエモンテ州政府代表のアンドレア・バイラティ、MotoGPライダーを代表して、ロベルト・ロルフォ、玉田誠、カルロス・チェカ、ニッキー・ヘイデン、ルーチョ・チェッキネロが参加した。

「ライダーたちは、チャタリングやタイヤ問題など、どうしたら速く走れるだろうと常に心配して、時々、医療をきっちりと受けられない人たちや一皿の食事も摂れない人たちのことを忘れてしまう。僕たちライダーだけでなく、みんなでこのような支援活動を積極的に取り組んで行くべきだ」と、チェカは訴えた。

ピエモンテ州政府は、バイクの寄付だけでなく、サッカーの慈善試合やチェリティーオークションを実施して、ライダーズ・フォー・ヘルスの活動資金を募ることを同時に発表した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising