ライダーズ・フォー・ヘルツがロンドンで医療救済活動を展開

Tuesday, 1 February 2005

ライダーズ・フォー・ヘルツがロンドンで医療救済活動を展開

アフリカの医療救済活動に積極的に取り組むライダーズ・フォー・ヘルツは、今週イギリスで開催されているロンドン・モーターショーに展示ブーツを設置。来場客へアフリカの医療状況や活動内容を紹介し、 医療基金への募金を呼びかける。

ライダーズ・フォー・ヘルツはモーターショーの来場客に対して、僅か1ポインド(約195円)でドゥカティ999が当たる抽選会を実施するほか、もしクロークにヘルメットを預ければ、その料金2ポンドが、約32キロの走行費となり、医療器具が必要な地域へとバイク配達が可能であることを説明する。

モーターショー最終日の6日には、ニール・マッケンジーのレーススクールを始め、ロン・ハルムスのライディングスクール、オランダGPのVIPパス、スーパーバイク世界選手権のシーズンパスなどが準備されているライダーズ・フォー・ヘルツ主催のオークションが行われる。

昨年は7000ポンド(約137万円)が収集され、2人の衛生士に対して、バイクの安全な乗り方や整備を修得するための講習費や12ヶ月間の全諸経費へと利用された。
TAGS 2005

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising