初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ビアッジ、MotoGP離脱を表明

M.ビアッジ、MotoGP離脱を表明

M.ビアッジ、MotoGP離脱を表明

アメリカでのクリスマス休暇から帰国したマックス・ビアッジは、MotoGP不参戦と噂されるスーパーバイク世界選手権への転向について心境を語った。

「クリスマスは全てから遠ざかり、休息することに利用した。好天候にも恵まれ、ランニングやスーパーモタードなどトレーニングを続けて体調を管理した。それから、久々に旧友たちと再会する機会もあったし、AMAスーパークロス選手権の開幕戦を観戦するチャンスに恵まれた。」

ビアッジは数ヶ月後に自伝書を発行することを発表。MotoGP不参戦やレプソル・ホンダとの関係を説明することを明かした。

「ここ2ヶ月間、僕に関する記事がたくさんあったけど、愚かなことばかりだ。僕はその枠外にいることを望み続けた。みんなも知っている通りに、僕はホンダとひどい関係にあり、06年MotoGPに参戦しない。理由?2ヶ月後に、明らかになっていない本当のことを説明する本を君たちは読むことができるだろう。」

「スーパーバイクは常に尊重してきたチャンピオンシップだ。友人たちも参戦し、僕は尊敬している。君たちにはキャリアの後退だと考えないで欲しいし、興味深い可能性を検討している。12月中旬までカワサキと合意していたから、時間があまりないことも考慮しなければいけない。」

1週間後にスーパーバイク世界選手権への参戦について詳細を発表できる見込みであることを付け加えた。

Tags:
MotoGP, 2006, Max Biaggi

Other updates you may be interested in ›