初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

クリニカ・モバイル

クリニカ・モバイル

クリニカ・モバイル

MotoGPインサイダーの第8弾は、『クリニック・モバイル』を紹介。

グランプリ期間中の緊急治療を目的に、クラウディオ・コスタ医師は34年前に移動病院を設立。当初は治療に必要な医療機材を汽車や船を利用して移動していたが、1976年に第1号車が登場。多くのライダーたちの治療や体調管理に欠かせない存在となった。

2002年の欧州開幕戦となった第3戦スペインGPで最新の医療設備を整えた第5号車が登場。コスタ医師をはじめとする医療スタッフは24時間体制で、MotoGPライダーたちだけでなく、パドック内の関係者を医療面からバックアップしている。

今回は、チャンピオンシップの移動病院『クリニック・モバイル』を紹介します。

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›