初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.チェカ、参戦への可能性を認める

C.チェカ、参戦への可能性を認める

C.チェカ、参戦への可能性を認める

継続参戦の窮地に立たされているカルロス・チェカは、ヤマハとミシュランの支援により、06年シーズン参戦への可能性が開いたことを認めた。

「シト・ポンスの突然の別れにより、戦闘力のあるバイクとチームで走るための長い旅が始まった。すごく困難な時期だけど、すごく大切なものが見えてきた。僕を評価し、興味を持ってくれる人たちがいる。大きな友情関係を示してくれた。」

「ヤマハ、ミシュラン、エルベ・ポンシャラルは、継続参戦の新たな希望を抱かせてくれた。僕に興味を示してくれことに対して感謝したい。信頼の表しだ。だけど、保障できるプロジェクトを得ることが難しいことは分かっている。現状では2つの大きな敵が存在する。1つは時間。もう1つは予算を確保することだ。」

「06年に走れない可能性を考えていないと言うことは本当のことではない。僕は自分の置かれた状況を受け入れた。今はみんながこの可能性を実現することに関心を持っているし、僕は希望を失わない。だけど、また失望したくないから、僕自身を欺きたくないし、期待を膨らませたくない。」

「この状況の影響により、ここ数日間のトレーニング計画が少し変更したのは事実だけど、もしその瞬間が訪れた時に全力を発揮できるように、トレーニングと通常な仕事を続けるつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2003, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›