初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.イェンクナー、引退を決意

S.イェンクナー、引退を決意

S.イェンクナー、引退を決意

スティーブ・イェンクナーは、引退を決意。今後は母国ドイツでヤングライダーたちを支援する意向を語った。

ドイツを代表する軽量級ライダーとして活躍してきたイェンクナーは、97年からフルエントリーを開始。02年にはランク5位を獲得すれば、03年には雨のオランダGPで初優勝を飾った。昨年は250ccクラスに進出。第12戦日本GPの12位がベストリザルトだった。

「昨年は金銭面の援助も厳しく、好結果を挙げることができなかった」と、29歳のドイツ人ライダーは説明した。「今年は条件があまり良くない。チャンピオンシップは最高レベルのレース。世界最高のライダーたちと戦うために参戦したい。でも、ただ参戦するだけではダメだ。」

「このスポーツに恩返しする時が来た。将来、表彰台でドイツ国旗が掲揚するために、僕の経験と知識を若いライダーたちに伝えたい。」

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›