初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第8戦アメリカGP公式予選

第8戦アメリカGP公式予選

第8戦アメリカGP公式予選

05年各クラスの公式予選をハイライトで紹介する『リライブ』。第8弾は11年ぶりの開催となった第8戦アメリカGPを提供。

3度のフリー走行で一番時計を刻んでいた地元ニッキー・ヘイデンは、終始セッションをリード。ラスト3分には満員に膨れ上がった観衆を湧かせる1分22秒670を叩き出し、参戦38戦目で初のポールポジションを奪取。ヤマハ50周年記念カラーリングで登場したポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシ、予選最速ライダーを競う『BMWアワーズ』でトップのセテ・ジベルナウが続き、ラグナセカ最大の難関コークスクリューでタイムを稼ぐ地元のコーリン・エドワーズとジョン・ホプキンスが2列目に並んだ。

主役たちのパフォーマンスを特別編集したMotoGPのハイライトビデオを閲覧する方は、ビデオリンクへアクセスしてください。

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›