初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.バーミューレン、新しい挑戦に興奮

C.バーミューレン、新しい挑戦に興奮

C.バーミューレン、新しい挑戦に興奮

ニューカマー、クリス・バーミューレンは母国オーストラリアでバカンスを楽しむと同時に、1月23日から始まるテストに向けて、トレーニングに励んでいる。

Q: 11月末のセパン・テスト以降、バカンスをどう過ごしているかい?
A: オーストラリアで太陽とサーフィンを楽しんだよ。もちろん、その間もランニングやモトクロス、水上スキー、サーフィンでトレーニングを積んだ。

Q: 昨年のオーストリアGPで初ライドしたホンダRC211VとスズキGSV‐Rの違いを説明してもらえるかい?
A: GSV‐Rの第一印象はファンタスティック。とても扱いやすく、速い。シャーシ、サスペンション、タイヤの組み合わせはすごくいいけど、RC211Vのようなポテンシャルはない。スズキはそのことを承知しているし、この問題が今年中に解決できると信じている。

Q: スーパーバイクとMotoGPの違いは?
A: 共通点は二輪車であること。MotoGPマシンを初ライドした時は大きな衝撃があった。例えば重量。すごく軽く、小型だ。MotoGPはカーボン製のブレーキを使用する。これは大きな違いだし、ポテンシャルのコントロールは素晴らしい。洗練したライディングが必要だ。

Q: 初シーズンで困難に出くわすとすれば、何だろう?
A: 結果的に全てが難しくなることは確かだ。6つのサーキットは未知だし、簡単には行かないだろう。だけど、鍵はバイクの乗り方とポテンシャルを引き出すことにあると思う。

Q: ファクトリーライダーとして、バイクを開発することについては?
A: スズキのようなファクトリーと直接に仕事ができる可能性に、すごく大きな期待感がある。たくさんの仕事に取り組まなければいけないだろうけど、僕の考えが開発にそのまま生かされるチャンスだ。実はこのことについては、ミック・ドゥーハンが僕に強調したことでもあるんだ。

Q: 06年の目標は?
A: 年間を通して成長したい。ジョン・ホプキンスのような競争力のあるライダーになりたい。そして、チームと一緒に勝利者のグループになりたい。

Tags:
MotoGP, 2006, Chris Vermeulen

Other updates you may be interested in ›