初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダイエッター・スタッペルトがKTMジュニアを指揮

ダイエッター・スタッペルトがKTMジュニアを指揮

ダイエッター・スタッペルトがKTMジュニアを指揮

昨年、アプリリア・ジャーマーニーのチームマネージャーだったオーストリア人のダイエッター・スタッペルトが、新規参戦するレッドブル・KTM・ジュニアのプロジェクトリーダーに就任。昨年、同チームからドイツ選手権にフル参戦したマイケル・ランセンデールとステファン・ブランドルは、世界舞台に初エントリーする。

Q: オーストリアのファクトリー、KTMチームの一員になったことについての感想は?
A: オーストリア人として特別なことです。39年後に故郷に戻ったような気分です。63歳の私に新しいプロジェクトを提供することは通常ではありません。この機会を与えてくれたことに対して感謝し、大変喜んでいます。エキサイティングなプロジェクトに早く着手したいです。

Q: ジュニアチームとオフィシャルチームの違いは?
A: チーム構造はほぼ同じです。ジュニアチームの2人のライダーには、それぞれに2台のバイクと4人のスタッフが準備されます。

Q: チームは独自の運営となるのか、共同体制となるのか?
A: 2チームはそれぞれにアイデェンティティーを持ちますが、テストプランからバイクのセッティングまで、お互いに協力して一緒に仕事に取り掛かります。

Q: 06年のチーム目標は?
A: マイケル、ステファンとも、05年のワイルドカードでポイントを奪取しました。目標は多くのレースで多くのポイントを獲得することです。しかし、2人にとって多くのサーキットは未体験であることを忘れてはいけません。新しいサーキイトでは、`兄貴´チームとの協力関係が必要です。

Tags:
125cc, 2006

Other updates you may be interested in ›