初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト2日目: ドゥカティ勢が支配

セパン合同テスト2日目: ドゥカティ勢が支配

セパン合同テスト2日目: ドゥカティ勢が支配

MotoGPクラスの合同テスト2日目は24日、セパン・サーキットで行われ、ドゥカティ勢がトップ2を独占した。

ホットコンディションの中でテストは進められてが、雨により1時間早くセッションが終了。セテ・ジベルナウが非公式ながら昨年ロリス・カピロッシが樹立したポールポジションタイム2分01秒731を上回る快走を見せた。

「足回りとエンジンのセッティングを楽しみながら取り組んだ。マークしたラップタイムは良かったが、それよりもリズムが良かった」と、スペイン人ライダーはホンダからドゥカティへの順調な乗り換えができていることを強調した。

同僚カピロッシも2分01秒台に突入。コーリン・エドワーズ、ニッキー・ヘイデン、ダニ・ペドロサ、ジョン・ホプキンスが続けば、ランディ・ド・プニエとケーシー・ストーナーの新人勢が好パフォーマンスを披露した。

初日トップタイムをマークしたバレンティーノ・ロッシは、「レースシミュレーションを実施した後、ウェットコンディションでの走行を回避した。04年は雨の中で問題があったけど、それはバイクへの信頼感などの関係がある。まるで夫婦関係のようで、現時点で僕の方はいい関係にあると言える」と振り返った。

「ドゥカティの調子がいいのは驚くことではないし、セテが強敵だったのは別に不思議なことではない。バイクが良く走るということを示し、ドゥカティはビックな仕事をしている証明だ。」

非公式ラップタイム

1. S.ジベルナウ(ドゥカティ・マールボロ): 2分01秒66
2. L.カピロッシ(ドゥカティ・マールボロ): 2分01秒83
3. C.エドワーズ(キャメル・ヤマハ): 2分02秒00
4. N.ヘイデン(レプソル・ホンダ): 2分02秒02
5. D.ペドロサ(レプソル・ホンダ): 2分02秒26
6. J.ホプキンス(スズキ・MotoGP): 2分02秒40
7. R.ドプニエ(カワサキ・レーシング): 2分02秒55
8. C.ストーナー(ホンダ・LCR): 2分02秒57
9. V.ロッシ(キャメル・ヤマハ): 2分02秒62
10. 中野真矢(カワサキ・レーシング): 2分02秒65
11. M.メランドリ(フォルトゥナ・ホンダ): 2分02秒70
12. T.エリアス(フォルトゥナ・ホンダ): 2分03秒20
13. 伊藤真一(ドゥカティ): 2分03秒49
14. 松戸直樹(カワサキ・レーシング): 2分04秒08
15. K.ロバーツ(KR・ホンダ): 2分04秒08
16. J.エリソン(ヤマハ・テック3): 2分04秒15
17. C.バーミューレン(スズキ・MotoGP): 2分04秒23
18. A.ホフマン(ダンティーン・ドゥカティ): 2分04秒49
19. J.L.カルドソ(ダンティーン・ドゥカティ): 2分06秒60

サーキット最速ラップ: 05年N.ヘイデン 2分02秒993

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›