初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.デニング、現状を分析

P.デニング、現状を分析

P.デニング、現状を分析

スズキは、セパン合同テストで新型GSV‐Rのテストに集中。チームマネージャーのポール・デニングは、今年最初のテストを分析した。

「欲求不満のテストでした。新型GSV‐Rは複数の分野で革新的で、この冬期期間の開発プログラムで巨大なポテンシャルがあることを証明しました。このバイクはコンスタントにリザルトを良くする力があります。幾つかの問題が発生し、コース上で解決できませんでしたが、スズキは早急に解決します。」

「我々のライダーのパフォーマンスに大変満足しています。ジョンは多くの時間をボックスで過ごさなければいけなかったですが、問題解決のために技術者たちをサポートしていました。コースインすれば、レースタイヤで2分02秒台をマークすることができ、もしノーマルな最終日を楽しむことができれば、最速ラップは戦闘的だったことは確かでしょう。」

「クリスは走るたびに驚かせてくれます。現在は学習期間ですが、彼のフィードバックと進歩は驚異的で、チームの重要なキーパーソンとなりました。秋吉は疲れ知らずの仕事で、貴重な情報を提供してくれました。彼のサポートに感謝します。」

「次のテストに向け、これからカタールに飛びます。チームはバイク開発を続けることに情熱を持っています。」

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›