初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ250cc、新型マシンで意欲的な走り込み

ホンダ250cc、新型マシンで意欲的な走り込み

ホンダ250cc、新型マシンで意欲的な走り込み

250ccクラスのレプソル・ホンダとヒューマンズゲスト・チームは1日、スペインのカタルーニャ・サーキットで2日間の合同テストを終了した。

気温15度と昨日に比べて肌寒いコンディションの中、セバスチャン・ポルト、アンドレア・ドビツィオーソ、高橋裕紀、青山周平の4人は、12時過ぎから新型マシンのテストに取り組めば、若干15歳のMotoGPアカデミー出身ブランドリー・スミスも積極的に周回を重ねた。

250ccクラスのレプソル・ホンダとヒューマンズゲスト・チームは、6日から2日間のバレンシア・テストを予定。125ccクラスのレプソル・ホンダは、23日と24日に同じくバレンシア・テストを計画している。

非公式ラップタイム2日目:

250ccクラス
1. A.ドビツィオーソ: 1分47秒3(63ラップ)
2. S.ポルト: 1分48秒5(32ラップ)
3. 高橋裕紀: 1分49秒2(57ラップ)
4. 青山周平: 1分50秒3(68ラップ)

125ccクラス
B.スミス: 1分53秒6(63ラップ)

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›