初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、転倒も満足のテスト

N.ヘイデン、転倒も満足のテスト

N.ヘイデン、転倒も満足のテスト

フィリップアイランド合同テストに参加したニッキー・ヘイデンは、最終日に転倒を喫して、予定通りのテストプログラムを消化できなかったが、3日間を通して、満足のテストを消化したことを強調した。

意欲的にテストに取り組んだアメリカ人ライダーは、午後からレースシミュレーションを実施。しかし、高速コーナーでフロントタイヤから転倒して頭を強打。幸いに大事には至らなかったが、シミュレーションだけでなく、セッション最後に予定していた予選タイヤのテストを中止した。

「ドライでの走行が必要だった。午後に転んでしてしまったけど、全てが順調だった」と、ヘイデンは手応えを強調した。「午前中は使用済みタイヤで、午後は新しいタイヤでテストに取り組んだ。リアタイヤですごく気に入ったのがあった。」

「ミシュレーションでフロントタイヤのコントロールを失い、転んでしまった。激しい転倒ではなかったけど、スピードが出ていた。セッションを打ち切ることにしたけど、身体の方は大丈夫。僕たちはいいデータを収集し、昨日のウェットコンディションでもいい感じで走れた。昨年はウェットで問題があったから、それは重要なことだ。」

フィリップアイランド合同テスト:
1日目: 1分30秒94(114ラップ)
2日目: 1分42秒62(47ラップ)
3日目: 1分30秒95(95ラップ)

Tags:
MotoGP, 2006, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›