Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ロバーツ、プロトタイプを分析

K.ロバーツ、プロトタイプを分析

K.ロバーツ、プロトタイプを分析

13年目のシーズンを迎えるケニー・ロバーツは、今年2度目のテストをフィリップアイランドで実施。最終日にはホンダ・エンジンを搭載した新型プロトタイプを初ライドした。

チーム・ロバーツのオーナー、父親であるケニー・ロバーツは開幕戦に向けてベストコンディションで臨めるように仕事を継続して行くことを説明した。

「今回のテストで幾つか進歩がありました。前回のセパンより、発生した問題は少なかったです。」

「しかし、雨により、期待していた以上にコース上でエンジョイできませんでしたが、バイクの方向性は解りました。コーナーへの進入の際のブレーキング、そして旋廻で幾つか難しい部分がありました。シャーシはもう少し硬さが必要で、2週間のセパン・テストに向けて仕事に取り組みます。最終日のタイムは良かったです。ジュニアはレースタイヤで5番手でした。」

「唯一心配だったので、もっと仕事を進められると信じていたことです。とにかく、ジュニアは数ラップ後から好リズムを維持できたこと、最終日に速く走れたこと、そしてテストの進展に満足しています。」

チーム・ロバーツは、15日からのセパン合同テストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2006, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›