初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.M.アスパル、手応えのカタルーニャ・テスト

J.M.アスパル、手応えのカタルーニャ・テスト

J.M.アスパル、手応えのカタルーニャ・テスト

マステル‐MVA・アスパル・チームのチームマネージャー、ホルヘ・マルティネス・アスパルは、カタルーニャ・サーキットで行った今年2回のテストに手応えを強調。開幕戦に向けて、順調にテストが進んでいることを説明した。

06年シーズンは、250ccクラスにアレックス・デ・アンジェリスを起用。125ccクラスには、エクトル・ファウベル、セルジオ・ガデアの2人が継続参戦するほか、ランク4位のマティア・パシーニ、タレント性があるアルバル・バウティスタ、05年スペイン選手権王者のマティオ・トゥネスの5人を起用する。

「アレックスはもう少し冷静になることが必要です。速いライダーですが、一時的に興奮してしまうことがあります。ここまでのテストは率直にとても順調に進んでいます」と、サンマリノ人ライダーを評価した。

マステル‐MVA・アスパル・チームは、23日からバレンシアで2日間のテストを予定している。

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›