初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キーファー‐ボス・カストロール、チーム体制を発表

キーファー‐ボス・カストロール、チーム体制を発表

キーファー‐ボス・カストロール、チーム体制を発表

250ccクラスに参戦するキーファー‐ボス・カストロール・レーシングは週末、第10戦ドイツGPの舞台であるザクセンリンクで06年体制を発表した。

ドイツ選手権から世界舞台に進出した03年にホンダのサテライトチームとして参戦して来たキーファー・レーシングは、バイクをアプリリアにスイッチ。ディーク・ハイドルフとアンソニー・ウエストの2人体制で4年目のシーズンに挑戦する。

「まだチームの目標がどこか分からないが、15日からのエストリル・テストで確認したい。優勝できるコンディションに整えたいけど、実際には厳しいだろう。僕としては毎戦、雨が降ってほしい...」と、レインレースとなった03年第7戦オランダGPで初優勝を飾ったウエストは冗談で発表会の雰囲気を和らげた。

同チームから2年連続の継続参戦となるハイドルフは、「冬の間はケガもなく、体調的には全く問題がなく、新シーズンに挑める。昨年よりも身体的に精神的に充実している。今年は僕の弱点であるレース序盤の走り方に取り組まないと。いいスタートを切って、序盤の数ラップをプッシュすれば、もっと簡単にポイントを稼げるだろう。それに同じクラスのチームメイトがいることは助けとなる」と抱負を述べた。

キーファー‐ボス・カストロール・レーシングは、15日からポルトガルのエストリルで3日間のテストを実施する。

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›