初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、精密検査にために帰国

C.ストーナー、精密検査にために帰国

C.ストーナー、精密検査にために帰国

セパン合同テストに参加中のケーシー・ストーナーは、痛みを訴えた右肩の精密検査を受けるために、帰国することを決意。所属チームのホンダLCRは撤収作業を行った。

テスト初日、昼過ぎにメディカルセンターでレントゲン撮影とスキャナー検査を受け、結果を待っている状態だが、担当医に診断を受けるためにオーストラリアへの帰国を早め、16日にはマレーシアを出発することとなった。

レントゲン検査では骨への異常は発見されず、靭帯の損傷と見られているが、手術を回避することを願っている。

Tags:
MotoGP, 2006, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›